平成22年の運勢

 

九星術
 その昔、人類が農耕生活を始めそれが進歩してくると、農耕に重要な季節、気候、天文などの知識が高まり、自然現象の中に一定の法則があることを知るようになりました。
 そしてその法則に順応することによって、運命の開拓が出来ると考えるようになったのです。その中で古代の中国で考えられたのが「木、火、土、金、水」の五行です。行とは天の巡らす働きの意味で、中国ではこの五行をあらゆるものに当てはめて、物事を分類したり判断するようになりました。
 この五行をもとに作られたのが九星術で、日本に来たのは暦が伝わった推古天皇の御世と考えられています。その後、戦国時代には軍学書として盛んに用いられ、泰平の世になると民間に広まっていきました。
 

一白水星

 

(生れ年)

大正7年、昭和2年、昭和11年、昭和20年、昭和29年、昭和38年、昭和47年、昭和56年、平成2年、平成11年、平成20年
(全体)  本年の一白水星は、実り・収穫・成果という言葉があてはまる好調な運気に恵まれ、常に笑顔があり、精神的・経済的に安定し余裕がもてます。事業や商いでは、業績が上がり信用も高まり繁昌します。個人的にも昇進・昇給し、ちょっとした油断や手抜き、特に話し言葉が運気の流れを変えることがあるので、十分に気をつけて。本年の一白水星の特徴は、上昇運に乗って喜び事が多くなりますが、多欲に過ぎたり、自分の能力以上のことに手を出したりすると、折角得た信用や信頼を失うおそれがあるので、目標は八分目位とし、十分な余力を持ってこの一年を乗り切って下さい。“余裕”の二文字を身近に備えて忘れずに。
(健康) 口内炎・扁桃腺・歯痛・中耳炎・腎臓・泌尿器系・風邪・肩こり
(適業) 法律関係・哲学者・作家・教師・飲食業・水産業・海運関係
(吉方) 南東・南・北
(相性) 大吉=六白・七赤。吉=三碧・四緑。小吉=一白。大凶=二黒・五黄・八白。凶=九紫。
  

二黒土星

 

(生れ年)

大正6年、昭和元年、昭和10年、昭和19年、昭和28年、昭和37年、昭和46年、昭和55年、平成元年、平成10年、平成19年
(全体)  本年の二黒土星は、迷ったり悩んだりする事が多くなる恐れがあるので、油断せずにしっかりと気を引き締めて下さい。どうしてもどちらかにしなければならないという時は、熟慮を重ね物事をよく考えてから判断すること。決して急進して即断・即決しない様に注意を。むやみやたらに変わるとあまりよくなく、周囲の人からも信用を失いやすいのでくれぐれも気をつけて。本年の二黒土星の特徴は、変化・変動があり不安定になりますが、何事に対しても落ちついて行動して下さい。甘い話も舞い込んできますが、目先の欲に釣られないこと。今は前進するより現状維持が良策となるので、本来持っている堅実さを生かして、コツコツと確実に進む様に心掛けて。
(健康) 血行不順・高血圧・背腰の痛み・胃腸・消化不良・打ち身・捻挫
(適業) 農業・不動産関係・保育関係・建築業・産婦人科・古物商
(吉方) 東・南東・北西
(相性) 大吉=九紫。吉=六白・七赤。小吉=二黒・五黄・八白。大凶=三碧・四緑。凶=一白。
  

三碧木星

 

(生れ年)

大正5年、大正14年、昭和9年、昭和18年、昭和27年、昭和36年、昭和45年、昭和54年、昭和63年、平成9年、平成18年
(全体)  本年の三碧木星は、真夏の太陽の如く明るく良い運気ですが、焦って動き過ぎると表面のみで内容が伴わない結果に繋がりやすいので、よく考えて行動する様に。色々と興味が湧き、多くの物・事を知りたい気持ちはわかりますが、ここは少し我慢をすることが大切で、チャンス到来と勘違いをせず再度見直しをすること。目先の欲に惑わされないように、多くの物事の中から本物を見つけ出して下さい。一歩間違えると後日の痛手となるので気をつけて。本年の三碧木星の特徴は万事において物事の動きが速く、仲々手に取ってゆっくりながめることが難しくとも諦めず、確実な歩みをして下さい。短気を起こして急進・猛進すると、転んでケガをするので注意を。
(健康) 高血圧・消化不良・発熱・肝臓・のぼせ・やけど・目・耳・頭痛
(適業) 電気・音楽・外科医・神経科医・広告業・青果業・放送・通信
(吉方) 西・北西
(相性) 大吉=一白。吉=九紫。小吉=三碧・四緑。大凶=六白・七赤。凶=ニ黒・五黄・八白。
  

四緑木星

 

(生れ年)

大正4年、大正13年、昭和8年、昭和17年、昭和26年、昭和35年、昭和44年、昭和53年、昭和62年、平成8年、平成17年
(全体)  本年の四緑木星は、くぼみに足をとられやすくバランスを崩したり、物事の動きが思う様に行かない運気となりそうです。事業等も突然の計画変更とか、トラブルの恐れがあるので注意を何も考えずに四方八方へと手を拡げ過ぎると、集中力が持続出来ないので、出来る限り的を絞って下さい。悩みが発生した時は、独りで考え込むことはせず、目上の人や周囲の人に相談する様に。本年の四緑木星の特徴は、予想外の出来事が多くイライラしますが、落ち着いて行動する事。そして色々な難問は、自分に与えられた試練と思って乗り切って下さい。些細な変化でも見逃さない様に気配りをして、丁寧に対応を。今は現状維持が良策で、なるべく基礎を固め次期に備えて。
(健康) 口内炎・泌尿器系・冷え症・鼻風邪・気管支炎・筋肉痛・下痢
(適業) 旅行業・情報・海運業・建設業・木材業・航空・木工芸・出版業
(吉方) 西・北西
(相性) 大吉=一白。吉=九紫。小吉=三碧・四緑。大凶=六白・七赤。凶=ニ黒・五黄・八白。
  

五黄土星

 

(生れ年)

大正3年、大正12年、昭和7年、昭和16年、昭和25年、昭和34年、 昭和43年、 昭和52年、 昭和61年、 平成 7 年、平成16年
(全体)  本年の五黄土星は、明るい兆しの見える運気で、前方に発展・繁栄等があり、それに向かって行くという年になります。大いに活動的になって良い時ですが、今は前進の活動ではなく、いかに自分を成長させてくれるかという地固めの段階と言えます。この地固めの出来が今後を左右しますので、十分に栄養を与え良い土地にして下さい。事業等も前進するのみではなく、よく考えること。又、自分自身をみつめるのにも良い時なので、足元からみつめ直して下さい。本年の五黄土星の特徴は、陰徳あれば必ず陽報ありで、地味で人目につかなくとも隠れて行ってきた良い事は必ず喜びに繋がるので、堅実・確実をモットーにして、諦めず更なる努力を続けて精進して下さい。
(健康) 循環器系・動脈硬化・血行不順・消化器系・便秘・腸・食べ過ぎ
(適業) 神官・僧侶・政治家・建設業・教育者・弁護士・医者・金融業
(吉方) 東・南東・北西
(相性) 大吉=九紫。吉=六白・七赤。小吉=ニ黒・五黄・八白。大凶=三碧・四緑。凶=一白。
  

六白金星

 

(生れ年)

大正2年、大正11年、昭和6年、昭和15年、昭和24年、昭和33年、昭和42年、昭和51年、昭和60年、 平成6年、平成15年
(全体)  本年の六白金星は、春先の木の芽と同じ様に、芽を出しこれからさらに成長していこうとする運気となります。新しい力が加わり大いに期待がもてる年で、事業等も新しい企画・組織等の活動が目立つ様になります。但し、最初から何も考えずにこれを用いてしまうと無駄な力となってしまい、折角得た芽自身が隠されてしまうので十分に注意を。本年の六白金星の特徴は、新しい考えやアイディアが次から次へと湧き積極的に進みたくなりますが、今はこの大切な芽を将来の大木とするためにコツコツと歩んで下さい。諸事多くを求めず八分目位を目標にすること。目先の欲にとらわれたりすると、大きな痛手となるので気をつけて。短気を起こすと損をする。
(健康) 肝臓・むくみ・消化不良・頭痛・手足の打撲・骨折・喘息・声帯
(適業) 神官・警察官・自衛官・公務員・僧侶・政治家・教育者・銀行員
(吉方) 南東
(相性) 大吉=ニ黒・五黄・八白。吉=一白。小吉=六白・七赤。大凶=九紫。凶=三碧・四緑。
  

七赤金星

 

(生れ年)

大正元年、大正10年、昭和5年、昭和14年、昭和23年、昭和32年、昭和41年、昭和50年、昭和59年、平成5年、平成14年
(全体)  本年の七赤金星は、追い風に恵まれ気持ち良く船出する運気となります。色々と出入りが多くなり忙しくなりますが、それ相当の喜び事もあるので、頑張ってチャンスを掴んで下さい。事業関係では、諦めず努力を重ねれば、契約等の成立に恵まれます。又、独身者は良縁の機会も。経済的にも安定を得て気分的に落ち着きますが、出費も嵩む恐れがあるので、収入と支出のバランスには注意すること。見栄を張ると損失に繋がります。今は、少しでも余力があったら貯蓄にまわす様に努めて下さい。本年の七赤金星の特徴は、好調な運気で積極的行動に吉意増大しますが、闇雲に動くと逆運を招くので慎重に。軽挙妄動はケガの元で後日の痛手となるので気をつけて。
(健康) 呼吸器系・風邪・めまい・歯痛・貧血・蕁麻疹・吐き気・胃・腸
(適業) 飲食業・講師・金融・外科医・歯科医・レジャー関係
(吉方) 東・西
(相性) 大吉=ニ黒・五黄・八白。吉=一白。小吉=六白・七赤。大凶=九紫。凶=三碧・四緑。
  

八白土星 

(生れ年)

明治44年、大正9年、昭和4年、昭和13年、昭和22年、昭和31年、昭和40年、昭和49年、昭和58年、平成4年、平成13年、平成22年
(全体)  本年の八白土星は、どちらかと言えば吉凶半々の年となりますが、何かにつけて周囲からの注目を浴びる傾向があります。人気や信頼も高まり、やりがいのある一年となるでしょう。但し我が強く、独断専行すると、他の人から嫌われて波が引くように去っていく恐れがあるので、細かなところまで注意をはらって下さい。これ位は大丈夫だろうと思っても、相手にとっては気にさわる事が多いので、万事に他の人の意見を聞く様に心掛けて下さい。本年の八白土星の特徴は、中心的になりますが、自分の利益しか考えない我利我利では伸びようとする良い運気が遠ざかってしまうので、よく考えて行動すること。周囲と仲良くやっていく事が大切で、天狗にならず謙虚に。
(健康) 血行不順・便秘・関節・高血圧・おでき・鼻炎・発熱・内臓疾患
(適業) 神官・僧侶・不動産・ホテル業・弁護士・教育者・警察官
(吉方) 東・南東・北西
(相性) 大吉=九紫。吉=六白・七赤。小吉=ニ黒・五黄・八白。大凶=三碧・四緑。凶=一白。
  

九紫火星

 

(生れ年)

明治43年、大正8年、昭和3年、昭和12年、昭和21年、昭和30年、昭和39年、昭和48年、昭和57年、平成3年、平成12年、平成21年
(全体)  本年の九紫火星は、充実した運気で楽しみのある年となりそうです。長い間の地道な歩みが表に出ようとしている時なので、大いに努力を続けて。今までの様にコツコツと積み上げていくやり方がよいため、一気に進んだり強気になったりしないで、前後左右をよくみて行動して下さい。良い時だからといって調子に乗り、後先構わず進むと、バランスを崩し損失を招き赤字に繋がる恐れがあるので、くれぐれも慎重に。本年の九紫火星の特徴は、運気の流れも物事の動きもスムーズに運ぶ時なので、良い方向に導いて下さい。自信を持つ事は大切ですが、過信し過ぎたり我が強くなったりして利己的になると、大きく流れが変わり逆運となることもあるので注意を。
(健康) 目・耳・頭痛・日射病・やけど・高血圧・心臓病・血管・不眠症
(適業) 眼科医・芸能関係・理容・美容・出版業・マスコミ関係・作家
(吉方) 南・北
(相性) 大吉=三碧・四緑。吉=二黒・五黄・八白。小吉=九紫。大凶=一白。凶=六白・七赤。